anesthesia

麻酔・笑気麻酔

痛みの少ない治療 麻酔・笑気麻酔について

「治療が怖くて歯医者に行けない」という方へ~痛みの少ない治療

虫歯をそのまま放置している方はいませんか?どうぞ、ご安心ください。 最近では、治療技術や器具の進歩により、痛みをほとんど感じさせない治療ができるようになりました。「痛みの少ない治療」はもはや当たり前なのです。当院の虫歯治療についてご紹介いたします。

麻酔の”チクリ”を抑えるために

麻酔・笑気麻酔

歯科治療では、痛みを抑えるために「麻酔」をかけますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、麻酔のときは、表面麻酔をすることで、麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。表面麻酔とは、皮膚や粘膜表面の知覚を麻痺させるためにおこなう麻酔方法。患部に塗るだけでだんだんと歯肉の表面が麻痺していくので、麻酔針の”チクリ”がなくなります。 そこでクローバ歯科は麻酔の際に、表面麻酔をおこない、麻酔針が最初に刺さる痛みそのものを解消します。また麻酔を注入するときは、麻酔剤を温めるなどの工夫を行います。より体温に近い方が、痛みを減らせるからです。ほかにも、できるだけ細い針を使用したり、麻酔が効きやすい場所に針を刺すなど、痛みを減らすためのさまざまな取り組みを行っています。麻酔がシッカリ効くので、痛みを感じさせず治療が可能です。

麻酔液注入の不快感を減らす

麻酔注射の際の痛み・不快感は、麻酔液の圧力によるものです。 そこで当医院では事前に温めておいた麻酔液(体温に近いほど不快感が少なくなります)と極細の注射針を使い、一定の速度でゆっくりと注射液を入れていきます。そのため、患者さまに痛みや不快感をほとんど与えません

虫歯治療は麻酔が効けば痛くないものです。
麻酔自体が苦手という方には、麻酔なしで治療を行うこともできますので、お気軽にご相談ください。

笑気吸入鎮静法

歯科治療が怖いとき

歯科治療の恐怖や不安から患者さんを解放させるものとして、長い医療の歴史のなかで確立されてきたものが、笑気吸入鎮静法です。

笑気は誰もが持つ「嫌だな」という気持ちをやわらげることができます。 「笑気」とは、全身麻酔に使う麻酔ガスの1つです。 しかし吸入鎮静法は眠くなって意識を失う全身麻酔ではありません。

ガスの濃度が低いため不安感や恐怖心を取り除く効果にとどまります。ほんのりと甘い香りのする笑気ガスを吸えば、不安がなくなり痛みを感じなくなるだけでなく、名前のとおり、なんとなく愉快な気分になります。

お子様でも安心して受けられる、安心・安全な方法です。 笑気は危険じゃないのとご心配される方もおられるかと思いますが、その方法は、鼻マスクで笑気ガスを吸入するだけです。なので口からも呼吸する事が出来るため心配頂くことはありません。

治療中の不安や不快を遠のけ、痛みを和らげることが出来るので、歯科治療に恐怖を持っている方でも、リラックスして治療を受けることが出来ます。

また、嘔吐反射をやわらげる効果があるため、治療前に吸入すると、口の中を触られる事で吐き気がくる方でも安心して治療を受けることが出来るようになります。

さらに、内科的慢性疾患を持つ方は、通常の生活ではあまり症状を現しませんが、なんらかのストレスや負荷が加わったときに急性症状が出現し、病状の悪化をもたらす事があります。このような方の場合にも、笑気は非常に有効であり、精神を安静にさせストレスから守ることで、偶発症の発生を防止するというメリットもあります。

笑気吸入鎮静法は健康保険適応ですから、費用もそれほどかかることはありません。 ご希望の方はお気軽にご相談ください。

ACCESS
アクセス
診療時間
9:00 - 13:00
14:00 - 18:00
  1. ▲ …木曜日休診あり
  2. ※…土曜日も9:00~13:00/14:00~18:00の診療時間
  3. 休…日曜日・祝日はお休みをいただいております。