kids

小児歯科

当クリニックの小児歯科の特徴

お子さまに治療を理解してもらう

“子どもが歯医者を嫌がって、歯医者になかなか連れて行けない”という悩みを抱えているご家族の方はいらっしゃいませんか? 当クリニックでは、”お子さまを歯医者嫌いにさせない”をモットーに、さまざまな取り組みを行っています。 このページでは当クリニックの小児歯科についてご紹介します。

乳歯の治療について

歯の治療は大人でも嫌なものです。大人は我慢できることもお子様にとっては大変なことなのです。 特に小さなお子様の場合は、次の事に注意してください。

  • 1.幼児の治療は、体調の良い午前中に受診することをオススメします。

    昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることがあります。

  • 2.なるべく連れてくるための嘘はつかないようにしてください。

    かえって嫌がる原因になります。そのかわり治療の後はたくさん誉めてあげてください

  • 3.幼児は、歯科治療でいやがって泣いたり暴れたりすることがあります。

    汗をかく場合がありますので、特に冬場などは下着などの着替えを用意しておくと良いかもしれません。 また治療中はTシャツなどの身軽な服装が良いでしょう

  • 4.リラックスして治療。

    治療前は、なるべくリラックスさせるように本を読んであげたり、キッズルームで一緒に遊んであげてください。

  • 5.それでも怖がるお子様に。

    当クリックでは 笑気麻酔 をご提案しております。笑気麻酔を使うことで、治療の恐怖感を感じることなくリラックスして治療を受けていただけます。

乳歯の虫歯の治療

虫歯が一番表層のエナメル質の部分だけであったり、その下の象牙質にわずかに入った程度であれば、虫歯の部分を削って、歯科用のプラスティック系接着レジンを詰めて治すことが出来ます。乳歯では、前歯にも奥歯にもこのレジンを使用することが出来ます。しかし、虫歯が大きい場合は、歯全体を覆う金属を被せることもあります。

お子さまに治療を理解してもらう

“子どもが歯医者を嫌がって、歯医者になかなか連れて行けない”という悩みを抱えているご家族の方はいらっしゃいませんか? 当クリニックでは、”お子さまを歯医者嫌いにさせない”をモットーに、さまざまな取り組みを行っています。 このページでは当クリニックの小児歯科についてご紹介します。

乳幼児期(0~3歳)この時期は個人差もありますが、まだ上手に会話する事が出来ませんし、 出来たとしても本当の意味でちゃんと理解する事が出来ません。 その為お子様にとっては、治療のイスに座るだけでも大変なことなのです。 痛みが出てしまい応急処置をする必要がある場合以外、基本虫歯があっても虫歯進行止めの薬をぬるなどで対処します。 また、歯ブラシの練習をしながら慣れさせていきます。 勿論治療をご希望の場合は抑制治療にて治療を行う事もできます。
幼児期(4~5歳)この時期になると、一人でも座れるようになれます。 そして、本格的な治療をすることも可能です。 なかなか怖くて出来ないお子様でも、笑気吸入鎮静法(空気吸入鎮静法)を使用したり、回数を重ねることでほとんどの場合、治療することが出来ます。
学童期(6~11歳) そろそろ永久歯との生え替わりが始まります。 乳歯がグラグラしてきたり、永久歯が変な場所から生え始めたりと心配が多い時期でもあります。定期的にメンテナンスに来ていただき、フッ素やシーラントなどのケアをやりましょう。 また殆どの場合、歯並びなど矯正に関することもこの時期にチェックされると良いと思います。

乳歯の治療について

治療と同時に予防も大切になります。当院ははじめは診療室に入るなり、泣き出して治療ができなかった子供さんが、徐々に治療を受けられるようになることで、自信をつけ、精神的な成長につながることを望んでいます。特に、過去に抑えつけられ、むりやり治療をうけ、トラウマがあるお子さんは特に大変です。自分にたいして深い部分で自信を失っています。そして親へも、もちろん他人への信頼を失っている状態なのです。

だって、自分の身に振替えて、考えてみてください。むし歯があって痛いから治療しなければならないと、本人が理解していても(3歳までは通常理解できません)、網(レストレーナー)にいれられて、自分の何倍も大きな体の大人が(巨人のように見えることでしょう)、何人もの大人に押さえてつけて、苦しい!泣いても誰も助けてくれない・・。 4歳未満で、腫れたり酷く痛む様な大きな虫歯になった際は、ほんとにほんとに大変です。当院でもやむを得ず、そういった処置を一時的に行う場合もありますが、お子さん、御両親、私共と皆が非常につらい治療になります。そうならない為にも、予防はとても重要になるのです。 最初に検診を受けた年齢が低いほど、虫歯になる確率が低いというデータがあります。 初めて歯科に受診するのが7才以上になると、13才の時点で虫歯のリスクが倍以上になります。

この3つの重なった部分が虫歯となります

笑気麻酔について

当院では、笑気吸入鎮静法という、恐怖心の和らぐ低濃度笑気を吸いながら治療することも可能です。笑気の臭いはほのかに甘い香りで、違和感なく気持よく吸入できます。吸入された笑気は、肺から血中に急速に溶け込み、5分以内に鎮静状態に到達します。逆に、血中からの排泄も非常に速く、笑気の吸入濃度を変えることによって鎮静度を迅速にコントロールすることが可能です。いつでもお気軽にご相談ください。

笑気麻酔について
この3つの重なった部分が虫歯となります
ACCESS
アクセス
診療時間
9:00 - 13:00
14:00 - 18:00
  1. ▲ …木曜日休診あり
  2. ※…土曜日も9:00~13:00/14:00~18:00の診療時間
  3. 休…日曜日・祝日はお休みをいただいております。